院長 原田貴之

病院でリハビリを20年以上やっており、そこから気功の先生に出会い、教えてもらいながら独自の筋膜整体を日々勉強していました。
1人でも多くの方の悩みを解消するため、2018年4月「柔気整体」を開院致しました。

平成21年5月31日 超越気功協会 統合医学療術師 認定書 取得
平成22年3月14日 国際創造意識科学アカデミィ 創造意識科学マスターの称号 取得
平成25年7月13日 超越気功協会 気功師の称号 取得

筋膜整体とは?

「筋膜」とは「筋肉を包む膜」です。
筋膜は筋肉の上を滑らかに動いて筋肉の動きを助けます。
しかし、筋肉と筋膜に癒着があると筋肉の動きは滞り、慢性痛や頑固なコリが起こります。
頑固な肩こりの原因が腕や胸の筋膜癒着、慢性腰痛の原因が骨盤回りや脚の筋膜癒着から来ている場合があります。
その癒着を開放する施術が「筋膜整体法」です。
筋膜は全身に張り巡らされているので、筋膜以外を溶かしても身体の形が残るということで、「第2の骨格」とも呼ばれており、身体を支えるのにとても重要と言われています。

歪みやすい筋膜とは?

筋膜はコラーゲン繊維と弾性繊維から構成されているのですが、「姿勢の歪みや、日々のストレスなどの影響」で比較的簡単にコラーゲン繊維が癒着し、弾性繊維の伸縮性が失われ、結果、「間違った姿勢や歪んだ状態で固定」されてしまいます。
そしてその癒着は本来の筋肉の力を制限をかけてしまったり、体中を張り巡らせている筋膜のつながりで他の部位に痛みを引き起こしたりしてしまいます。
お仕事のデスクワークや移動などで長時間座っていたり、寝転んで長時間本読んだり、寝転んで携帯を触ったり、足をいつも組んだりしていると、その状態で筋膜は癒着し固定されます。そうなってしまうと、癒着により筋肉が元の位置まで戻らない為、正しい姿勢をしている時の方が辛くなってしまいます。その悪い姿勢や間違った姿勢で固定されてしまった状態は、無理な体勢になっているために、血流やリンパの流れが悪くなり、また筋肉や骨格にも無理な負荷をかけてしまうため、肩こりや腰痛などの原因になってしまうのです。
このような状態を放置しておくと、最初は特定の場所に痛みが発生するだけですが、それがどんどんと身体全体に広がっていき、特定以外の場所から身体全体に歪みが広がって、さまざまな不具合が発生します。筋膜の歪みは血液やリンパの流れにも関わってきますので、冷え性になったり、むくみが酷くなることで、お肌の状態が悪化し、しみやくすみが出やすくなってしまいます。また、筋肉が充分に機能しなくなるために、「基礎代謝が低下し太りやすくなる、疲れやすくなる、充分な力が発揮しなくなる(スポーツパフォーマンスの低下)、怪我のリスクが高くなる」等の問題が生じてきます。筋膜は全身でつながっているので、どこかが固まるだけで、全身に影響してしまいます。
他にも注意して欲しいのは、この固まった姿勢で運動をしてしまうと、偏った姿勢のままでは、動きも偏ってしまう危険性も出てきてしまうということです。
まとめると、痛みが出ている部分に必ずしも原因があるわけではなく、筋膜の癒着が身体のどこかで起こってしまってるせいで、肩こりや腰痛などの痛み、その他の症状が起こっている可能性が高いのです。特にマッサージによく行っているのになかなか症状が改善されない方、病院でレントゲンを撮ったけど特に異常はないのに痛みに悩まされている方は是非一度「柔気整体」にお越しください!

歪んだ筋膜を改善すると…

1.内臓が正しい位置に収まる
筋膜は全身をおおうボディスーツのようなものなので、型崩れがなおり、それに引っ張られて内臓下垂も解消します。下腹ぽっこりや便秘がなおることもあります。

2.血液・リンパの流れがよくなり、冷えやむくみが取れやすく
筋膜のねじれでつぶれた毛細血管が筋膜整体で元に戻ると、血液が一気に流れだします。
リンパの流れがよくなり、冷え・むくみなどが改善する。

3.自律神経のバランスが整い、不眠やストレスも改善
筋膜整体により、緊張状態の体がリラックスすることで、自律神経のバランスが整い、免疫力もアップし、全身が好循環するので、不眠なども解消することもあります。

4.関節の可動域が広がって柔軟性アップ
縮こまった筋膜をゆっくり押しのばすことは、全身の緊張や硬さを取るのにも効果はあります。
筋トレやスポーツをするときのパフォーマンスも上がります。


冷え性や腰痛など、お悩みのある方は一度枚方市にある整体院柔気整体お問い合わせください。
「肩こりがつらくて、いつも気になる」や「腰痛がひどくて、仕事に影響がある」など、お悩みを持っている方や改善したい方は、是非お任せください。